日本語にはない表現 “you want to〜” でネイティブ英語に近づく

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」のmioです。

今日の記事では、”You want to~”の表現についてお話ししていきたいと思います。

日本語訳は、「あなたは~したい。」ですね。

普通に考えて、「あなたは~したい。」って、日常で使い道があると思いますか?

 

「”あなたは〜したい”って、なんか断定的だし、なんで他人のしたいことをこちらが決めるの?」

 

と、感じる人がほとんどだと思います。

しかし、英語でこの ”You want to~” は、かなりの頻度で日常会話に出てくる頻出表現なんです。

日本語訳だと、ヘンテコな文章なのに、英語だとそれが普通・・・。

何故こんなことが起きてしまうのか・・・。

 

日本語 → 英語、もしくは 、英語 → 日本語

 

と、忠実に訳していくと、どうしても「話せる英語」学習は積みます。

何故なら、英語には日本語にない表現がたくさんあるからです。

今回の”You want to~”も、そのうちの一つです。

しかしそんな表現こそ実はとても自然で、マスターすればネイティブの英語に近づけるんです。

今日の投稿で、”You want to~”を使った自然な表現を学びましょう!

“You want to ~”の自然な日本語訳は?

まず、「”You want to~” を自然な日本語に訳すとどうなるの?」と言う疑問が浮かぶ人もいると思うのですが、そういう人は

「全ての英語は日本語に直して理解する」

という考え方自体を改めた方がいいかもしれません。

この考え方をしていると、”You want to 〜”の日本語訳が「あなたは〜したい。」になってしまい、使い道がわからなくなってしまいます。

「日本語だとこの表現に該当する」と言うパズル式の考え方に固執していると、なかなか英会話の中級~上級は目指せません。

日本語訳できないものは、英語でどの様な使われ方をするのかだけに注力しましょう。

前置きが長くなりましたが、この先はこのことを頭の片隅に置いて読んでいってくださいね!

“You want to~”の使い方

それでは、具体的に ”You want to~” をどの様に使うのか見ていきましょう。

“You want to~”が基本の形ですが、多くの場合これに’might’をつけたり、’don’t’ をつけて否定形にしたりします。

では、それぞれの表現がどの様に使われるのか見ていきましょう。

You might wanna ~

まず、”You might wanna~”から学んでいきます。

‘want to~’は、’wanna~’に省略されることが多いので、省略形の使い方にも慣れていきましょう。

直訳は「あなたは〜したいかもしれない」ですが、これは、控えめな提案を表します。

どう言うことでしょうか?

例文を見ていきましょう。

A: You might wanna take an umbrella. It looks like it’s gonna rain.
B: Oh thank you. I’ll take one.

A: 傘持ってった方がいいかも。雨降りそうだよ。
B: ありがとう。持っていくよ。

こちらの例文では、”You might wanna take an umbrella.” と、

「あなたは傘を持っていきたいかもしれない」

と言っていますが、文脈を考えるとここでの ”You might wanna~” は、提案を表していますね。

また、’might’をつけることで、控えめな提案のニュアンスが加わっています。

A: You might wanna think carefully. You can’t make the same mistake.
B: Yeah I will. Thanks for the advice.

A: 慎重になった方がいいかもね。同じ失敗はできないでしょ。
B: そうだね。アドバイスありがとう。

こちらも、「~した方がいいよ」と言う提案を表していますね。

直訳だと

「あたなは慎重に考えたいかもしれない」

と言う、ヘンテコな文章になってしまいますが、「提案」の意味で使うととても自然な表現になります。

A: This book on English grammar is really helpful. You might wanna take a look.
B: Actually I have that book.

A: この英文法に関する本、すごく役に立つよ。見てみて。
B: 実はそれ持ってるんだよね。

こちらはどうでしょうか。

「あなたは見たいかもしれない」と言う直訳ではなく、「(役に立つから)見てみて。」と考えると自然ですね。

You don’t wanna ~

続いては、否定形の “You don’t wanna~”です。

直訳は「あなたは~したくない。」ですが、実際どの様に使われ、どんな解釈をすれば自然なのでしょうか。

これも、「~しない方がいい」と言う否定的に提案する意味に近くなります。

例文を見て理解を深めましょう。

A: I’m actually thinking about moving into a new apartment in Layton.
B: Oh believe me, you don’t wanna do that…
A: Why?
B: I’ve lived there before and it wasn’t the safest place to live…

A: 実はLaytonのアパートに引っ越そうかと思ってるんだ。
B: うわぁ、信じて。辞めた方がいいよ…。
A: 何で?
B: 前住んでたことあるけど、住むには安全ではないよ…。

こちらは、「あなたはそれをしたくない」と言っていますが、実際の自然な解釈は「辞めた方がいい」「オススメしない」などが適切です。

A: Hey, I heard that Jorge and Eric had a big argument this morning. What happened?
B: Oh you don’t wanna know. It was awful.

A: ねぇ、今朝JorgeとEricがすごい口論になったんだって?何があったの?
B: あぁ、聞かない方がいいよ。あれは酷かった…。

こちらも否定的に提案していますね。

「あなたはそれについて聞きたくない」

と、日本語的に考えると

「え、私の意思を勝手に決められた・・・?」

の様に感じてしまいそうな文章ですが、実は英語では至って自然な表現です。

「~しない方がいい」と否定的に提案する場合には便利なので、使ってみましょう。

 

 

如何でしたでしょうか?

日本語で考えると変な文章でも、英語では色々な表現が出来ることがわかりましたね。

日本語訳に固執しすぎず、柔軟な頭で表現する訓練をして見ましょう。

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

まずは、

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

「実践英語」

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です