“What do you say?” が「あなたは何を言う?」だと思った人は読んで下さい

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」のmioです。

このブログを読んでくれていると言うことは、あなたは

“What do you say?”

と言う文章を

「あなたは何を言う?」

と、訳しましたね?

不可解な面持ちでこのブログをクリックしてくれたことでしょう。

では、この訳のどこに問題があるのでしょうか?

実は「あなたは何を言う?」は、直訳としては間違いではないのですが、

「あなたは何を言う?」

って、日常で使い道があるでしょうか…?

なさそうですよね。

“What did you say?”
「なんて言った?」

ならありそうですが。

しかし、”What do you say?”は、ネイティブの会話では頻出なんです。

と言うことは、「あなたは何を言う?」以外の使い方がありそうですね。

それはどんな使い方なのでしょうか?

シンプルで簡単な文章ですが、ネイティブが使う「正しい使い方」が分かっていれば、今日から英語を一段階レベルアップできます。

それでは、一緒に学んでいきましょう!

“What do you say?” で意思決定を催促

結論から話すと、”What do you say?”「相手の意思決定を催促」することができます。

ん?なんだか難しそう?

そんなことはありません。

すごく簡単なので安心してください。

「相手の意思決定を催促する」とは、どう言うことでしょうか?

まずは日本語で考えてみましょう。

こんなシーンを想像してみてください。

A: ねぇ、私のPCもう使わないから買わない?ほとんど使ってないから新品みたいだよ!半額で!どう?
B: それお得だね。買おうかな。

このシーンでAが言っている「どう?」に注目してみましょう。

Aが「PCを買わないか?」とオファーしています。

色々お得情報を付け加えて、最後に「どう?」とBに聞いていますね。

この「どう?」は、たったの二文字ですが、実は

「こちらからのオファーに対して相手の意思決定を催促する」

と言う役割があるのです。

「具合どう?」

の「どう?」とは、全く意味が違いますね。

この「意思決定を催促する”どう?”」は、英語にもあります。

それが、

“What do you say?”

なのです。

では、上の例文を英語で見てみましょう。

A: Hey! Do you wanna buy my old PC? I haven’t really used it so it’s almost new. I’ll give it to you for half the price. What do you say?
B: That sounds like a great deal. I might wanna buy it.

※ dealの意味についてはこちらも参考に:えっそんな意味があったの?dealの意外な使い方

どうでしょう?

英語での「どう?」がイメージできましたか?

日本語では「どう?」の二文字で表現できることが、英語だと”What do you say?”と、少し長くなるのでちょっと意外ですが、

「意思決定を促す”どう?”」=”What do you say?”

の構図を覚えておきましょう。

例文いろいろ

では、もう少し例文を見て使い方をマスターしましょう。

自分の日常でこんなシーンがあったら、誰に、どんな風に“What do you say?”を使うか、イメージしながら例文を読んでみましょう。

A: I’m throwing a party this weekend. Do you wanna come?
B: Well, I don’t know… It was a long week.
A: Come on, I need you there. I’ll come down to your apartment to pick you up. What do you say?
B: Ok ok. I’ll go.

A: 今週末パーティー開くんだ。来ない?
B: うーん、どうかな。今週は長かったから。
A: お願いだよ、あなたに来て欲しいの!アパートまで迎えに行くからさ。どう?
B: Ok ok、行くよ。

 

A: Hey Nick! I really need to get to the station in 10 minutes. Can you give me a ride?
B: Now?? I was going to take a shower..
A: Please. I’ll buy you dinner tonight. What do you say?
B: Ok. Let me just grab my jacket.

A: ねぇNick!10分後に絶対駅に着かないといけないの。車で送ってくれない?
B: 今?シャワー浴びるとこだったんだけど…。
A: お願い。今晩夕食おごるから。どう?
B: わかったよ、ジャケットだけ取りに行かせて。

※ a ride: 車でどこかまで乗せて行ってあげること

 

A: I’m in the mood for curry tonight. What do you say?
B: Curry sounds great.

A: 今夜はカレーの気分。どう?
B: カレーいいねぇ。

 

このように、日常のカジュアルなシーンでの応用が効きそうですよね。

また、“What do you say?”は、この一文がそのままお決まりのフレーズなので、時制など文法も気にせずに使えます。

 

如何でしたでしょうか?

日常にも出て来そうな、様々なシーンで”What do you say?”が使えそうだとわかりましたね。

知っている日本人は少ないので、実践の場で練習することで、一歩上のレベルの英語が身につきそうです。

是非、今日から使ってみましょう!

 

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

 

まずは、

 

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

 

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

 

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

 

「実践英語」

 

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、

 

「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

 

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です