意味が多すぎる「副詞のonly」をたった3つの考え方でマスターする方法

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」mioです。

英語を勉強中、または英会話を練習中の皆さんに問います。

基本の英単語、’only’の意味を、本当に理解できていますか?

「唯一の」という意味としてだけ覚えていませんか?

今、図星に感じたあなたは、’only’の用法の半分も使いこなせていないかもしれません。

実は「唯一の」は、’only’の意味のほんの一部で、辞書を引くと、他にもた~くさんの意味が出てくるのです。

そのほとんどが「副詞のonly」です。

どのように使い方を覚えれば、「副詞のonly」をマスターできるのでしょうか?

今日の投稿では、使いこなせると一気に英語上級者感が出てくる、ネイティブが良く使う’only’の使い方と、その使い方を簡単にマスターするための考え方についてお話ししていきます。

’only’の用法の中でも、あまり日本では知られていない表現だけをいくつか集めて見ました。

多くの日本人が使いこなせていない「副詞のonly」をマスターし、英会話上級者を目指しましょう!

こちらもオススメ:「知っている」だけじゃないI know

形容詞のonly

onlyには、形容詞の用法と副詞の用法があります。

みなさんがよく知っている「唯一の」などの意味は、「形容詞のonly」である場合が多いです。

ではまず、形容詞のonlyの意味をおさらいしましょう。

Web上の英和辞典には、下記のように書いてあります。

【形容詞】

1, 唯一のただ…だけの.
He’s the only friend that I have. 彼は私のただ一人友人.

2, 無比の,最適の.
You’re the only man for the job. こそその仕事うってつけの人.

3, たった一人の.
an only son [daughter] 一人息子[

引用:weblio

これらの使い方は、なんとなくわかる気がしますよね。

形容詞のonlyは、とにかく「一つしかない」という状態を表しています。

これは理解しやすい気がしますね。

しかし、’only’の多様な使い方が本当に発揮されるのは、「副詞のonly」の方なのです。

副詞のonlyいろいろ

副詞のonlyの意味は、本当に多岐に渡ります。

全ての文法用語を並べて解説することも出来ますが、私は文法の説明があまり好きじゃないので。。。

難しい文法の説明ではなく、「これだけ覚えれば上級者っぽくなる」ような、単純にネイティブがよく使う表現と、その使い方をご紹介していきます。

と、その前に、「副詞のonly」を理解するためのコツについてお話しします。

やってはいけない学習法

先に説明しておきたかったのは、

「一つの英語表現を覚える時、それを一つの日本語表現に訳したものを覚える」

という学習の仕方は、mioのブログではオススメしない、ということです。

例えば、

‘only’ = 唯一の

といった感じで、〇〇=△△ と言う形式で覚えてしまうことです。

今回の’only’に限らず、この方法では、いずれ英会話学習が詰むからです。

この方法で英会話上級者になることは、正直難しいと思います。

何故なら、英語表現の中には

「この英語表現はズバリ日本語ではこれ!」

という答えがないものがとても多いからです。

全く異なる二つの言語で、一方の言語の表現が必ずもう一つの言語にも存在するなんて、虫が良すぎます。

例えば ’only’ がそうです。

‘only’をぴったり表す一つの日本語表現は、ありません。

実際は、’only’の一語で、何通りもの日本語訳ができてしまうのです。

その何通りもの日本語訳を全て覚えることは、辞書を丸々覚えるようなものです。

そこで、私mioのやり方は、「シチュエーション別で意味を掴む」というやり方です。

どういうことでしょうか?

ではここからは、本題の’only’の使い方の説明の仕方に入っていきます。

「日本語訳だけ」ではなく、「シチュエーションも当てはめて」説明していきます。

1,「条件による行動」の “only because”

まず一つ目の表現は、”only because” です。ネイティブも良く使うフレーズです。

この”only because”は、まさにシチュエーション別に意味を掴むと理解しやすいフレーズなんです。

では、“only because” を使うシチュエーションとは、どんな時でしょうか?

それは、何かの【条件】があってこそ、ある【行動が実行】される/された時」です

「いや、もっと意味わかんなくなってきた・・・」

と、思った方も、大丈夫です。

例文を見ればすぐにわかります。

1, “I am going to that party only because you are going too.”
「私があのパーティーに行くのは、あなたも行くからだよ。」

2, “I got through this only because you guys supported me.”
「君たちのサポートがなければ、これを乗り越えられなかったよ」

※ get through~: ~を乗り越える

どうでしょうか?

これらの例文、どちらも「何かの条件があってこそ、ある行動が実行される(された)時」というシチュエーションではないですか?

1の「私があのパーティーに行くのは、あなたも行くからだよ。」は、

「君がパーティーに行く」と言う【条件】があってこそ、「私も行く」と言う【行動が実行】されるシチュエーションですね。

逆に言えば、この【条件】がなければ【行動は実行】されないので、

「君がパーティーに行かなければ、私も行かない」

という意味にも訳すことができます。

例文の2はどうでしょうか?

「君たちのサポートがなければ、これを乗り越えられなかったよ」は、

「君たちのサポート」と言う【条件】があってこそ、「私はこれを乗り越えた」と言う【行動が実行された】シチュエーションにぴったりはまります。

逆に、「君たちのサポートあってこそ、これを乗り越えられたんだ。」とも訳せます。

もう少し例文を見てみましょう。

3, “I studied hard only because my mom told me to do so. I actually hated studying.”
「私が勉強を頑張ったのは、お母さんがそうしろって言ったから。本当は勉強嫌いだったよ。」

4, “I didn’t answer your calls only because I was busy. I didn’t mean to ignore your calls.”
「電話に出なかったのは忙しかったからであって、あなたからの電話を無視するつもりじゃなかった。」

なんとなく、シチュエーションと意味が掴めてきましたか?

海外ドラマなどでも、ネイティブが “only because” を使っているシーンを探してみましょう!

2,「実際のレベルや質を上回る扱いを受けた」時のonly

onlyは、「ある物/事が、実際のレベルや質を上回る扱いを受けた」シチュエーションで使われることがあります。

これはどういうことでしょうか?

実際の使い方を、いくつかの日本語訳と例文を見ながら学んでいきましょう。

2-1,「こんなのただの~だよ」の’only’

最初の日本語訳は、「こんなのただの~だよ」の’only’です。

まずは会話形式の例文を見てみましょう。

A: I don’t want to throw this shirt away.
B: Why do you care? It’s only H&M.

A: このシャツ捨てたくないな。
B: 何を気にすることがあるの?こんなのただのH&Mじゃん。

※ throw 〜 away: 〜を捨てる

この例文は、「安い服なのにも関わらず、捨てたくない」というシーンのやり取りで、まさに「ある物/事が、実際のレベルや質を上回る扱いを受けた時」のシチュエーションになってますね。

このシチュエーションで’only’を使うとき、「こんなのただの~だよ」と訳せます。

他にも例文を挙げてみます。

1, “I don’t understand why sushi is so expensive. It’s only rice and fish.”
「なんで寿司がそんなに高いのか理解できない。こんなのただの米と魚じゃん。」

2, “Don’t be mad, it was only a joke.”
「怒るなよ、ただの冗談だって。」

いかがでしょうか?

「米と魚なのに高い」「冗談なのに怒られた」と、「実際のレベルや質を上回る扱いを受けた」シチュエーションに当てはまります。

また、この「ある物/事が、実際のレベルや質を上回る扱いを受けた」シチュエーションを覚えておくと、応用してこんな表現もできます。

2-2,「まだほんの~だよ」のonly

1, “Don’t be so harsh on her. She is only a child.”
「そんなに彼女に厳しくしないで。まだ子供なのよ。」

2,  “She cannot travel alone. She is only 8.”
「彼女が一人で旅行なんてできないよ。まだほんの8歳なんだよ。」

これも、「子供なのに厳しくされた」「8歳なのに旅行に一人で行けると思われた」なので、「実際のレベルや質を上回る扱いを受けた」シチュエーションに当てはまります。

“She/he is only a child”「まだほんの子供だよ」や、 “She/he is only 8.”「まだほんの8歳なんだよ」は、ネイティブの会話によく出てきます。

こんな風に、日本語の意味だけでなく「シチュエーション」まで覚えておくと、色々な表現に応用できるので、オススメです。

「こんなのただの~だよ」という日本語訳だけしか覚えていないと、「まだほんの子供だよ」の表現は出てきませんし、「まだほんの~だよ」だけ覚えていると、「こんなのただのH&Mだよ」が出てきませんよね。

シチュエーションさえ覚えておけば、いろいろな意味に応用させられるのです。

また、同じようなシチュエーションを応用させて、もう一つ別の意味を表現できます。

2-3,「まだこんな時間だよ」のonly

日常生活には、「ある時間が、実際のレベルや質を上回る扱いを受けた」シチュエーションというのが存在します。

どんなシチュエーションでしょうか?

例文を見ながら考えてみましょう。

1, “Why are you rushing? It’s only 12.”
「なんで急いでるの?まだ12時だよ。」

2, “Are you leaving already? But It’s only morning.”
「もう出かけるの?でもまだ朝だよ。」

如何でしょうか?

「まだ時間があるのに急いでいる」

「まだ朝なのに行ってしまう」

と、どちらも「ある時間が、実際のレベルや質を上回る扱いを受けた」に当てはまります。(ちょっと日本語がおかしいですが。。)

このように、シチュエーションを少し応用しただけで、かなり多様な表現がマスターできそうですね。

3,「時間を理由に妥当性を主張する」 only

最後のonlyは、「時間を理由に妥当性を主張する」onlyです。

難しい日本語を並べてしまいましたが、何を言いたいかと言うと、

「だってまだ~したばかりだし、妥当だよね?」

と言うニュアンスを意味するonlyの用法がある、と言いたかったのです。(日本語力が低く、すみません!)

例文を見ながら考えていきましょう。

1, “I started learning Japanese only last month, so I don’t know much about it yet.”
「日本語を学び始めたのはつい先月だから、まだあんまりよくわからないんだ。」

2, “I don’t know him very well. I met him only a week ago.”
「彼のことはそんなによく知らないんだ。一週間前に会ったばかりだしね。」

3, “Sorry for not getting back to you. I noticed your message only now.”
「連絡返してなくてごめん。今しがた君からのメッセージに気づいたんだ。」

いかがでしょうか?

「時間を理由に妥当性を主張する」シチュエーションに当てはまりませんか?

例文を振り返ってみましょう。

1は、日本語を学び始めた「先月」と言う時間を用いて、「だからまだよくわからない(でもそれって妥当だよね)」と言うニュアンスが含まれます。

2では、「会ったのは一週間前だから(当然)彼のことはよく知らない」と、ここでも時間を理由に妥当性を主張しています。

3は、「連絡してなくて悪かった、今メッセージ見たところなんだ(だからしょうがないよね)」と言う感じが伝わります。

なんとなくイメージが掴めましたか?

1~3は、「時間を理由に妥当性を主張する」と言うシチュエーションだけは共通していますが、これらの例文の’only’は、様々な日本語に訳されています。

シチュエーションをベースに考えれば、一つの日本語訳に固執せずに自然な訳ができますし、意味も理解しやすくなりましたね。

このようにシチュエーショ別で英語を覚えるには、ネイティブと自然な雑談をどんどんこなすことが効果的です。

「気軽に話せるネイティブの友達がいない…」

と言う方は、英会話カフェLanCulのようなサービスを活用し、ネイティブとどんどん会話してみましょう。

まるでネイティブの友達とコーヒーブレイクを取っているかのような自然な環境で英語を学べます。

また、オンラインでコスパのいい英会話レッスンのサービスを探している方にはネイティブキャンプがオススメです。

とにかくコスパがいいのでmioも受けてます↓↓↓

 

 

如何でしたでしょうか?

いくつも例文を見て行くと、そのうち、いちいち条件と行動の実行だとか、実際よりレベルの高い扱いだとか、妥当性だとか考えなくても、感覚でこれらの ‘only’ を使いこなせるようになります。

難しく考えずに感覚的に使えるようになるよう、ネイティブの使い方に十分注意してみましょう。

また、副詞・形容詞など文法に関する内容を読んだことで

「やばい…文法おさらいしないと…」

と、思った方は世界的ベストセラーの Grammar in Use で文法をおさらいしてみましょう↓↓↓

 

ネイティブの作った文法書であるため、圧倒的に「実践的」で「正しく」「自然な」文法が身につきます。

基本的な会話に必要な文法はこれをやっておけば十分でしょう。

超基礎から始めたい方にはこちらの赤い方をオススメします↓↓↓

正しい文法を身につけ、実践で活かせるよう頑張りましょう!

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

まずは、

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

「実践英語」

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です