初心者でも使いやすい基本副詞 Actually, Basically, Totally で英語をレベルアップ

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」のmioです。

突然ですが、英会話 初心者と、中級~上級者の大きな違いは何でしょうか?

以下のような点が考えられると思います。

  • 幅広い文法を使えているか
  • ボキャブラリーは足りているか
  • 詰まることなく(もしくはあまり詰まらず)ある程度長文が話せるか
  • ネイティブの自然な表現が使えているか
  • 幅広い副詞が使えているか

最後の「幅広い副詞が使えているか」が、今日のトピックです。

「副詞」について考えてみましょう。

【初心者副詞はこれだけ】Definitely, Absolutely, Exactly, Obviously を使いこなすでも話している通り、副詞は「なくても文章の意味は通じる」、プラスアルファ的な存在なので、初心者のうちは後回しにするケースが多いのです。(そしてそのやり方は正しいと思います。)

しかし、もしあなたがしばらく英語や英会話を勉強していて、「自分は中級レベルかな?」と思い始めたなら、「そろそろ副詞をマスターし始めよう」と、考えてみた方がいいでしょう。

自分の英語レベルがどのくらいかわからない人はこちらの投稿を参考に:どこまで英語を勉強すればいいのかを決めるブログ

英会話上級者は必ず副詞を適切に使えていますし、逆に初心者で副詞をうまく使えている人はほとんど見たことがありません。

つまり、いずれ英会話上級者を目指すのならば、副詞をマスターすることは避けては通れないのです。

そして実は、副詞をうまく使えるようになると英語で表現すことがとても楽になります。

何故なら、一つの適切な副詞を適切に使うだけで、マニアックな単語を10個覚えるよりも深く細かいニュアンスが伝えられるからです。

副詞を使い始めるとあなたの英語レベルは一気にオシャレに、洗練されたようにレベルアップしますよ!

今日は、英会話初心者でも使いやすい、それでいて英語がレベルアップする便利な副詞をご紹介していきます。

と、その前に、

「副詞をマスターする前に、自分はまだ基礎文法もままならない…」

という方には、まずは文法のおさらいをすることをオススメします。

どの教科書を使えばいいかわからないという方は、世界的ベストセラーの Grammar in Use を使ってみましょう↓↓↓

 

この Grammar in Use は、日本のみならず世界中で英語学習者に愛用されています。

ネイティブによる非ネイティブのための文法書のため、日本で作られている文法書より圧倒的に

「自然」「実践的」「正しい」文法

が学べますよ。

基本的な会話に使う文法は、これをやっておけば間違いないです。

もっと基礎から始めたい方にはこちらの赤い方をオススメします↓↓↓

 

それでは、本題に戻り副詞を学んで行きましょう!

気軽に使える基本副詞

まずは今回紹介する、初心者でも気軽に使いやすい3つの基本副詞の特徴の説明からです。

この3つの基本副詞の特徴は、

  • 強い意味を持たないため、誤使用が起きにくく、初心者でも使いやすい
  • 強い意味を持たないため、伝えられる意味もあまり広くない
  • ネイティブもかなりの頻度で日常的に使う

この3点です。

強い意味を持たない、どちらかというと弱い副詞であるため、万が一使い方を間違えても大きな誤解が起きづらく、初心者でも使いやすい点が特徴です。

是非今日からでも使ってみることをオススメします。

では、3つの基本副詞を学んでいきましょう。

Actually

最初は ’Actually’ です。

‘Actually’は、ネイティブもかなり良く使う副詞で、意味は大きく分けて以下の3通りです。

  1.  本当は、実は
  2.  やっぱり
  3.  実際に

それぞれの意味を例文と一緒に見ていきましょう。

1, 本当は、実は

まず「本当は」「実は」を表す ’Actually’ の用法からです。

この用法は、「相手の認識とは異なる事実」について伝える時に使える方法です。

いくつか例文を見てみましょう。

A: Hi! I didn’t expect to see you here. I thought you went back to Japan!
B: Hi! Yeah actually I cancelled my flight.

A: ハイ!ここで会うとは思わなかったな。日本に帰ったのかと思ってた!
B: ハイ!そうそう、実はフライトをキャンセルしたんだ。

 

A: How was the date with Chris last night?
B: Actually… I didn’t go.

A: 昨晩のChrisとのデート、どうだった?
B: 実は・・・行かなかったの。

日常生活でも相手が何かを誤解していたり、誤って認識していることってよくありますよね。

そんな日常のちょっとしたシーンで大活躍する副詞です。

2, やっぱり

続いては、「やっぱり」を表す ’Actually’ の用法です。

こちらは、文字どおり日本語の「やっぱり」にとても近い使い方をします。

具体的には、「自分が何かを言った後に発言を撤回する」場合に使われます。

例文を見てみましょう。

Teacher: Does anyone know the answer for this question?
Student: I do! Wait, actually … I have no idea.

先生: 誰かこの問題の答えがわかる人?
生徒: はい!待って、やっぱり・・・わかりません。

 

Waitress:   Are you ready to order?
Customer: Yes, can I have a glass of beer, please? Sorry, actually I will have a glass of white wine, please.

ウェイトレス:ご注文はお決まりですか?
お客:はい、ビール頂けますか?すみません、やっぱり白ワインにします。

こんな感じです。

こういうシーン、日常でたくさんありますよね。

「”やっぱり”って言いたいけど、英語が出てこない…」

と、悔しい思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

今日から早速使ってみましょう!

3, 実際に

最後は、「実際に」を表す ’Actually’ です。

この用法では、「実態を伴う行動」について言及する時に使われます。

どういうことでしょうか?

例文を見てみましょう。

A: I think we should start thinking about the internet ad strategy.
B: Well I think we should wait until we actually get a new client.

A: ネット広告戦略について考え始めるべきだと思うな。
B: うーん、私は実際に新規クライアントを獲得するまで待つべきだと思う。

 

A: Why don’t we go shopping today and buy some furniture for the new house?
B: I want to buy furniture when we actually move into the new house.

A: 今日買い物行って、新しい家の家具を買わない?
B: 実際に新居に引っ越す時に買いたい。

いかがでしょうか?

この 「実際に」の’Actually’ の用法の時は、それぞれ「実際に新規クライアントを獲得する」「実際に新居に引っ越す」という「実態を伴う行動」について話していることがわかりますね。

これまで紹介してきた’Actually’の2つの用法と、しっかり区別できるようにしましょう。

Basically

二つ目の副詞は ’Basically’ です。

意味は「基本的に」です。

また、場合によっては「要は」と、要約するような意味を表すこともあります。

日本語でも「基本的に」というフレーズは割とどんな文章に付けても大丈夫ですが、英語の’Basically’も同じで、初心者でも大きな間違いを起こさずに使える副詞です。

例文を見てみましょう。

A: Tell me about your story in England.
B: Basically it was full of new things to learn.

A: 君のイギリスでの話を聞かせてよ。
B: 基本的に新しく学ぶことでいっぱいだったよ。

※ be full of ~:~でいっぱい

 

A: I heard about the presentation. What happened?
B: Ah well…basically I got so nervous and forgot what to talk about.

A: プレゼンについて聞いたよ。一体何があったの?
B: あぁ、まぁ要は私がすごく緊張して話すことを忘れたんだ。

こんな感じですね。

文章に大きく影響するような意味を持っているわけではありませんが、付け足すだけで文章がレベルアップしたように聞こえる便利な副詞です。

是非使ってみましょう!

Totally

最後の基本副詞は、 ’Totally’ です。

「合計の」という意味の形容詞 ’Total’ が入った副詞ですが、’Totally’の意味は基本的には「強調」です。

‘Definitely’ や ’Absolutely’ とも似ていて、基本的には「程度が大きい」具合を表すものです。

(’Definitely’ ‘ Absolutely’ についてはこちら:【初心者副詞はこれだけ】Definitely, Absolutely, Exactly, Obviously を使いこなす

この ’Totally’ は、文脈によって様々な日本語訳ができてしまうので、ここでは敢えて日本語訳はせず、「強調」という基本の意味を解説したい思います。

例文を見てみましょう。

A: You look so sick. Are you OK?
B: Oh no I’m totally fine!

A: 具合悪そう、大丈夫?
B: いや、全然大丈夫!

 

A: I think the school should have a program where the kids can learn foreign cultures.
B: That is a great idea. I totally agree with you.

A: 学校は、子供達が外国の文化を学べるプログラムを持つべきだと思うな。
B: それ、すごく良いアイディアだね。めちゃめちゃ同意。

如何でしょうか?

‘Totally’ に限ったことではないですが、日本語訳が難しい英単語というのは結構存在します。

そんな時は、無理に日本語を当てがおうとせず、基本の意味を把握できていれば十分でしょう。

「強調の意味」として他にどのように使われているか、海外ドラマなどでネイティブの英語を聞きながら、いちいち日本語訳するのではなく、英語の意味そのものを把握するようにしましょう。

 

如何でしたでしょうか?

初心者でも気軽に使いやすい基本副詞について、大まかな使い方がわかりましたか?

是非、海外ドラマなどを駆使して、本物の副詞がどのように使われているかを学んでみましょう。

海外ドラマを使った英語のスピーキングとリスニングの強化方法はこちら:帰国子女じゃなくてもネイティブにWhy is your English so good?と言わせる3つの方法

また、今日学んだ副詞を自分のものにするためにも、早速スピーキングで使ってみることが重要です。

「ネイティブや外国人と英語を話す機会がない…」

という人もたくさんいると思いますが、これを気に英会話デビューしてみては如何でしょうか。

覚えるだけでは自分のものになりませんからね。

単語は「使って」なんぼです。

私のオススメは、英会話カフェLanCulのような英会話カフェで、ネイティブと自然な会話を楽しむことです。

LanCulは、レッスン形式ではなく、まるでネイティブの友達とコーヒーを飲みながら雑談しているかのような環境で英語を学べるところが特徴です。

私mioも、このような形式で英語を学んできました。

また、

「いつでもどこでもパソコン一つでコスパのいいレッスンを受けたい」

という方には、ネイティブキャンプがオススメです。

パソコンとネット環境さえあれば、いつでもどこでも英会話を練習できる、コスパ最強ツールです。

ちなみにネイティブキャンプは私mioも使っています↓↓↓

 

今日学んだ副詞を、是非実践の場で使ってみてくださいね!

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

 

まずは、

 

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

 

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

 

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

 

「実践英語」

 

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、

 

「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

 

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です