リア充じゃなくても”How was your weekend?”の答えに困らないフレーズ集

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」のmioです。

英語で会話をしたことがある人は、一度は経験したことがあると思います。

「やばい・・話す内容がない・・・」

と、絶望する瞬間です。

英語には、”What are your plans for the weekend?” “How was your weekend?” など、週末について話す風習があります。

多くのネイティブスピーカーは、この様に週末の予定や感想を言い合います。

取るに足らない小さな会話なのですが、この習慣に慣れていない日本人からすると、

「やばい、週末何も予定がない・・・」

「週末、どこにも行ってないや・・・」

と、やや引きこもり気味の週末を過ごした場合に話すネタがなく、困ってしまうことがありますね。

「リア中じゃなきゃこの話題無理じゃん!!」

と、悲しくならなくても大丈夫です。

何も、いつもリア充でなければこの質問に対応できないわけではありません。

週末を引きこもって過ごした時は、それにふさわしい英語の返し方があります。

しかしその英語を瞬時に考えて口から出すことが難しい・・・

そんな時のための英語の引き出しがいくつかあれば、便利そうですよね?

今日のブログでは、リア充じゃなくても週末についての質問にスマートに返答できる英語表現をまとめてみました。

まるで、頭の中の引き出しからいつでも出して使える様に、最初は暗記して使ってみても良いでしょう。

それでは、学んでいきましょう!

What are your plans for the weekend? への答え

まずは、“What are your plans for the weekend?” と、週末の予定について聞かれた時の英語です。

職場や大学などで、金曜日に聞かれることの多い話題です。

英語圏の人たちは本当に週末の話題が好きですが、

「週末いつも予定があるほどリア充じゃない・・・」

というあなたでも、スマートな英語で返す方法があります!

そもそも、「予定がない」こと自体は、別に恥ずかしいことではないんです。

ネイティブだって、予定がない週末を過ごすことはしょっちゅうあります。

問題は、そのことに負い目を感じ、英語がうまく話せないことなんです。

まずは「週末に予定がなくてもいい」ということを理解して、自信を持って

「別に特別な予定はないけど、リラックスするつもりだよ~」

などと返せれば、何の問題もありません。

では、それらの表現を学んでいきましょう!

#1, I haven’t planned anything yet, I might just stay at home.
「まだ何も考えてないな、ずっと家にいるかも。」

#2, Nothing special, I’ll just relax this weekend.
「特にないよ、今週末はリラックスする予定。」

#3, I really need some good sleep, so I’ll stay in.
「マジで熟睡したいから、引きこもる。」

#4, You know, sleep, eat, Netflix, and sleep. My perfect weekend routine.
「まぁ、寝たり、食べたり、Netflix 見たり、寝たり。完璧な週末の日課だよ。」

#5, Nothing too exciting. I’ll just have a lazy weekend.
「特別楽しいことは何も。だらだら過ごすよ~。」

この様な感じですね。

ネイティブの会話でも、この様な返しを聞くことは多いです。

How was your weekend? への答え

続いては、こちらもネイティブとの会話の中では頻出の “How was your weekend?” です。

月曜の朝一に聞かれることの多いこの表現ですが、聞く人もいれば聞かない人もいるので、不意に聞かれて

「やばいっネタを考えていなかった!」

と、焦ってしまう人もいるでしょう。

また、週末にいつもいつもお出かけしている訳でもないため、「話すことがない・・・」という人もたくさんいると思います。

というか、ほとんどの人は「特別な週末を過ごしていない」ことの方が多いですよね。

では、そんな時はどの様に返答すればいいのでしょうか?

#6, It was OK. It was a quiet weekend.
「普通かな。静かな週末だったよ。」

#7, I stayed at home the whole weekend.
「週末中ずっと家にいたよ。」

#8, I didn’t do anything special. I enjoyed a relaxing weekend.
「特別なことはしていないけど、リラックスした休日を楽しんだよ。」

#9, I slept a lot. It was a busy week so I needed some rest.
「めっちゃ寝た。忙しい週だったから、休息が必要だったんだ。」

#10, It was great. I had an endless Netflix party on my own.
「最高だったよ。一人でNetflixパーティー三昧。」

この様な返しだと、十分にうまく返せている印象を与えます。

また、これらのフレーズで返答した後は、”How about you?” や、”How was yours?” と、相手の週末についても聞いてみましょう。

How are you? への答え

最後におまけとして、”How are you?” に対して返答の英語に困ってしまった時の英語についてお話しします。

英語圏の人たちは、平気で“How are you?” や “How’s it going?” を毎日聞いてきます。

「そんなに毎日の気分は変わらないし、答え方のバリエーションがない・・・」

と、困ってしまう人もいるのではないでしょうか。

まず知っておいた方がいいことは、この ”How are you?” にはあまり大きな意味はないことです。

これは「会話を始めるためのフレーズ」ではなく、「挨拶」に分類される方が近いので、実は回答にはそんなに凝らなくてもいいんです。

多くの場合、ネイティブは一言 ‘Good!’ や ‘Great!’ というだけで済ませますが、

「毎日 ’Great’ な程リア充じゃない・・・」

という方でも使えるバリエーションは、他にもあります。

#11, The same as usual.
「いつも通りだよ~。」

#12, I’m OK.
「普通だよ~。」

#13, I’m good, except the weather is terrible today.
「天気が最悪なこと以外はいい感じ。」

※ except について詳しくはこちらも参考に:「〜以外」だけじゃないexcept

#13 の “I’m good, except the weather is terrible today.” は、’except’ 以下を色々応用して使えそうですね。

例えば、

“I’m good, except we’re late for class.”
「授業に遅れそうなこと以外はいい感じ。」

“I’m good, except I had a fight with the manager.”
「マネージャーと喧嘩したこと以外はいい感じ。」

などなど。

”How are you?” の返し方にも色々なバリエーションがあることがわかりましたね。

いつも ‘Great’ なわけじゃない人は、これらの返しも使ってみましょう!

 

如何でしたでしょうか?

みんながみんな、いつも “My weekend was so freaking awesome!!” ではないですよね。

現実的な日常で使えるこれらのフレーズは、きっと多くの場面で使えるはずです!

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

 

まずは、

 

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

 

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

 

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

 

「実践英語」

 

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、

 

「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

 

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です