【初心者向け】英語で自然に雑談できるようになる方法

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」mioです。

英語を本気で「話せる」ようになりたいと思っているあなたは、英語で友達と何気無い雑談をすることに憧れること、ありませんか?

私mioも、英語が話せなかった初心者の時は、外国人の友達と何気なく雑談ができるようになりたいなぁ~とよく思っていました。

しかし、当時は、英語での普通の自然な会話とはどんなものなのか、いまいちイメージできなかった覚えがあります。

教科書に載っている英語は、丁寧な文章やフォーマルな単語を使っている場合が多く、自然でカジュアルな言葉とは異なるんですよね。

では、一体ネイティブがするような自然でカジュアルな雑談とは、どんなものなのでしょうか?

初心者でも実践しやすく、教科書のように固すぎない英語・・・。

今日の投稿では、そんな「英語での自然な雑談」について、いくつかのコツを書いていきます。

こちらもオススメ:「日本人は英語が話せない」は嘘?

教科書の表現だけが正しいと思わない

日本の英語教育には、鉄板の教え方があり、それは英語表現を「パッケージのように完璧な型として覚える」と言う教え方です。

例えば’instead of~’「~の代わりに」のように、’instead’と’of’をまるでパッケージのように覚える方法です。

私も受験生の時に、よく何十個もこんな表現を丸暗記しました。

しかし、実はこの’instead of ~’はいつでもこの型で使われるわけではありません。

実は、’instead’の一語だけで使うこともとても多いのです。

そして、ネイティブはよくこのように多様な英単語や熟語の使い方をするのです(詳しくは後述します)。

あまりにも、教科書で習った表現が「全てだ」と思ってしまうと、なかなか柔軟に「本物の英語」を受け入れることができません。

極端に言うと、

「教科書や単語帳で習った表現は、本当はどのように使われるのだろう?」

とか、

「単語帳には必ず出てくるこの熟語・・・本当に使われているのだろうか?」

くらい疑いの目を持って学習するくらいだと、凝り固まった「パッケージ思考」から抜け出せるかもしれません。

テンポを保つ

英語の雑談には、テンポがとても大切です。

これは具体的にはどう言うことでしょうか?

いいテンポを保つために、以下の3点に気をつけましょう。

1, 沈黙にならないよう「え~っと」で繋げる

英語を話していて言葉が出てこないと、つい、

「・・・。」

と沈黙になってしまいます。

この沈黙が会話のリズムを崩し、なんとなく気まづい雰囲気になってしまうことがあります。

そこで、’Hmm’ ‘Um…’など日本語でいう「うーん」「え~っと」を使い、場を繋ぎます。

その間に次の英語を考えます。

これを「つなぎ言葉」とも呼びます。

これだけで気まづい沈黙がなくなり、一気に会話のテンポがよくなるのです。

このつなぎ言葉に関しては、こちらでも解説しています:ネイティブがよく使うlikeとは?実は危険用語?

2, 接続詞‘that’を駆使する

みなさん、これまでに「接続詞のthat」を学んだことはありますか?

文と文を接続する役割をするこの「接続詞のthat」ですが、この’that’を駆使することで、英語のテンポを保てます。

’think’や’guess’’say’など「考える」「言う」系の動詞の後に’that’で次の文へと繋げます。

“I think that this is Marie’s pen.”
「これはMarieのペンだと思う。」

みたいな感じですね。

この’that’は、実は省略してもいいのですが、私のオススメは、「あえて省略しない」ことです。

一語、意味を考えなくても話せる単語が入ることで、次の文の文法や単語を考える時間が増えるのです。

ほんの一瞬のことですが、考えなくても口から出てくる言葉が一言あるだけで、次の文までの余裕が生まれます。

これは、よく聞いているとネイティブも無意識に使っているテクのようです。

考えながら話す時にこの’that’を使っているのをよく聞きます。

ネイティブも使っている表現なので、安心して省略せずに使ってみてくださいね!

3, “You know”を使う

ドラマや映画で’you know’を使っている場面を見ることもよくあるかと思います。

これは、「ほら、わかるでしょ?」のような意味合いで使います。

“Joe is sometimes…you know…difficult to talk to.”
「Joeってたまに・・・ほらわかるでしょ、話しかけずらいから。」

こんな感じですね。

こちらも、なかなか「正に言いたい言葉が出てこない!」と言う時に言葉を繋げる役割を果たします。

ネイティブはしょっちゅうこのフレーズを文の途中に挟みます。

このフレーズを使い、次の言葉を考えたり沈黙を保つことで、会話のテンポをよくします。

こちらもオススメ:【英語を話せる人はみんな実践してる】justを使いこなしてネイティブっぽく話す

実際の英語での自然な会話を聞いてみる

ここまでコツを色々と書いてきましたが、何と言っても「文字」だけでは実際の雑談の様子はわかりません。

「文字」だけで教えられるよりも多くのことが、本当の英語の雑談の中には隠れているのです。

そこで、ネイティブの実際の会話を聞き、テクを学ぶのもとても有力な勉強法です。

「ネイティブの英語を気軽に学べる環境にないんだけど…」

という方でも大丈夫です。

そういう方は現代の便利なツールやサービスをまだ知らないだけです。

例えば英会話カフェLanCulなどの英会話カフェでは、まるでネイティブの友達と気軽にコーヒータイムを取っているかのように英語を学ぶことができます。

「カフェに通う時間が取れない…」

という人には、オンライン英会話のネイティブキャンプです。

ネット環境さえあれば、24時間どこからでも受けられます。

ちなみにネイティブキャンプはmioも受けたことがあり、受講の様子はこんな感じです↓↓↓

 

いつでも回数無制限で受けることができ、コスパは最強です。

また、お金をかけなくても「実際の会話」を手軽に聴ける方法が、海外ドラマや映画をみることです。

このブログでもドラマや映画をみて会話を学ぶ方法は度々ご紹介しています。

具体的な方法やコツについては下記のブログを見てみてください!

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

 

まずは、

 

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

 

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

 

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

 

「実践英語」

 

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、

 

「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

 

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です