ネイティブは mother と father を使わない?

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」mioです。

突然ですが、友達と話している時こんな会話になることはないですか?

「昨日お母さんとケンカしてさ~」

とか

「お父さんが彼氏に会いたくないって言っててさ~」

などなど。。

こんな感じのお母さんやお父さんの話は、日常会話の中でよく出てきますよね。

では、これを英語で話そうとするとどうなるでしょうか。

“I had a fight with my mother yesterday.”

“My father says he doesn’t want to see my boyfriend.”

難易度としては、そんなに難しい英文ではなさそうですね。

「ケンカする」は”have a fight”で表現できます。

ただしこの英文、実は少し不自然なんです。

何故だかわかりますか?

こちらもオススメ:ネイティブがよく使うlikeとは?実は危険用語?

ネイティブは mother と father を使わない

実は、日本の英語教育では当然のように教えられているmotherとfatherは、実際の会話ではあまり使われないのです。

motherとfatherなんて、初級中の初級の英単語で、英語をちゃんと学習していない人でもこのくらいの意味はわかりますよね。

「これ以上学ぶことなどない」と思っていた単語が、実は使われていないと知った時の衝撃は大変なものでした。

日本の英語教育では、こんなにも身近な単語について、「実際はあまり使われていない」という事実を一切教えないことが圧倒的に多いのです。

なので私は、オススメの文法書を聞かれる時も、日本に売っているものではなくネイティブが作ったものをオススメしています。

世界的ベストセラーの Grammar in Use は、読んでおいて損はないですね↓↓↓

 

日本の英語教育についてはこちらのブログも参考に:【初めての方はこちら】「英語を話せる自分」を実現するために必要なこと

話を戻して…では、motherとfatherの代わりに何と表現するのが自然なのでしょうか?

ネイティブが使うのは、圧倒的に mom と dad

momとdadという言葉を聞いたことはありますか?

今あなたが想像した通り、momはお母さん、dadはお父さんです。

実は、ネイティブが使うのは圧倒的にこちらなのです。

今、違和感を覚えた人、いますよね?

momとdadって、日本語でいうと「ママ」「パパ」みたいな幼稚な表現なんじゃないかと思いませんか?

私も最初そう思いました。

しかしそれは誤りです。

MomとDadは「ママ」「パパ」ではない

momとdadは、日本語でいう「お母さん」と「お父さん」です。

決して「ママ」「パパ」ではありません。

このmomとdadは、例えば40代ビジネス世代の男性でも普通に使います。

(※ ただし日本語の場合、「お袋」「親父」「母ちゃん」「父ちゃん」など一言に母親・父親といっても多くの表現があるので、一概には当てはめられません。)

何だか信じられないでしょ?

私も最初は驚きました。

「40歳にもなってマムって・・・笑」

って思っていました。笑

でも、こっちが正解なのです。

友達と話す時はもちろん、例えば、上司と話す時。

初めて会う人と話すとき。

そんな場面でもmomとdadで問題ありません。

もちろん、motherとfatherが間違いなわけではないので、不安な時はmother, fatherでも問題ありません。

そもそも英語圏では、ビジネス上の付き合いなども含めて、人付き合いが日本と比べてカジュアルなので、mom, dadで全く問題なしとうという背景もあると思います。

ちなみに、日本語でいう「ママ」「パパ」には別な英単語があります。

それは、’mommy’と’daddy’です。

これは完全に子供が使う表現です。

もしあなたが40代ビジネス世代の男性なら、mommyとdaddyは使用を控えましょう・・・!

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

 

まずは、

 

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

 

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

 

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

 

「実践英語」

 

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、

 

「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

 

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です