「〜以外」だけじゃない’except’

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」mioです。

参考書やTOEICなどのテストでよく出てくる単語の中に、’except’があります。

最も登場頻度の高い用法としては、

“except for ~”
「~を除いて、~以外に」

でしょう。

大学受験対策の参考書には必ずと言っていいほど出てきますし、このブログを読んでいるあなたも、参考書や単語帳で一度は習ったことがあると思います。

実際 ‘except’は、ネイティブの日常会話でも使用頻度が高いように思います。

しかし、’except’でよく使われる方法は「~を除いて、~以外に」だけではありません。

むしろ、「~を除いて、~以外に」よりも多く使用される用法があります。

今日の投稿では、「~を除いて、~以外に」以外の’except’の便利な使い方について書いて行きます。

こちらもオススメ:【初心者編】英語スピーキングを上達させるための4つの練習方法

’except’の基本

みなさんが知っている “except for” は、名詞を後ろに持ってきて「~を除いて、~以外に」を意味する用法ですよね。

例文でいうと、

“I can eat anything except for row fish”
「私は生魚以外は何でも食べれます」

のように使います。

これも覚えておいて大変便利な表現ですが、’except’の用法でもっと登場頻度の高いものがあります。

‘except’ は「ただし」

それは、「ただし」の意味として使う用法です。

“except for~”で「~以外に」として使用するときは、forの後に名詞が続くと思いますが、この「ただし」の用法では

”except (that) SV~”

という文の構造となります。(’that’は省略可能)

つまり、’except’ を接続詞として使用し、その後にSVから始まる文章をつなげることになります。

例文を見てみましょう。

<友達との会話>

A:Hi Mio, did you hear about the Takoyaki party at Fred’s place?
B:Yes I did. It sounds so much fun. I love Takoyaki…, except I’m not going.
A:What?! No, you’re definitely coming!

A:‘「ねぇmio、フレッドの家でやるたこ焼きパーティーについて聞いた?」
B:’「うん、聞いたよ。すごく楽しそうだね、たこ焼き大好きだし。・・・まぁ、私行かないんだけどね。」
A:「なんて?!嘘だよ、絶対くるでしょ!」

 

<親との会話>

Dad:You seem to be busy these days. How’s work?
You:It’s going great. I closed a big deal last week…, except I am thinking about leaving the company soon.

父親:「最近忙しそうだね。仕事どう?」
自分:「上手く行ってるよ。先週大きな案件を獲得したんだ。・・・ただし、もうすぐ今の仕事辞めようと思ってるんだけどね。」

如何でしょうか?

例文を見ると、接続詞として逆接の意味で使われていることがわかります。

今まで’except’は “except for”「~を除いて」だけで覚えていた人もいると思いますが、口語では接続詞の ’except’ の登場頻度も大変多いです。

また、下記のように冗談っぽく使うこともあります。

<友達との会話>

A:That party was terrible… everyone was puking on the floor.
B:Yeah it was a bad idea that we went to the party…, except I am planning one this weekend too.
A: You are insane…

A:あのパーティー最悪だったよ・・・みんな床に吐いてたし。
B:ほんと・・・あのパーティに行ったの失敗だったね。・・・まぁ、今週末もやる予定だけど。
A:頭おかしい・・・。

「やるんかい!」と思わず突っ込みたくなりますが、こんな風に冗談ぽく応用して見るのも良いです。

さて、ここまで読んでみて、

「あれ…私は文法がまだまだかも…」

と思った方は、世界的ベストセラーの Grammar in Use を使ってみましょう↓↓↓

 

会話に必要な文法は一通り学べますよ。

「超初心者!」と言う方は基礎編から↓↓↓

 

 

如何でしたでしょうか?

海外ドラマや映画を見ていると、この用法の’except’はよく出てくると思います。

教科書にはあまり載っていない用法ですが、本当にネイティブが使う用法を駆使することで、より自然で楽しい会話力を身につけることが出来るでしょう。

「ネイティブが使う用法を、ネイティブから直接学びたい!」

と言う方は、気軽にネイティブとコーヒータイムが取れる英会話カフェLanCulのようなサービスがオススメです。

「レッスンから学ぶ」と言うより、「カジュアルトークから学ぶ」というスタイルの英会話カフェでは本当に学びが多いです。

LanCulは無料お試しもあるので、こういったサービスはどんどん利用してみましょう。

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

 

まずは、

 

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

 

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

 

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

 

「実践英語」

 

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、

 

「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

 

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です