【言えそうで言えない】英語で「付き合う」

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」mioです。

外国人と英語で話していて盛り上がる話題は、日本も外国も共通しています。

「誰と誰が付き合っている!」

こんな恋愛トークは、世界共通で若者の話題の中心にあります。

そんな時に知っておきたいのが、「付き合う」をスムーズに英語で言う方法です。

日本語では、「付き合う」を表す言葉にそんなにたくさんフレーズがありませんが(せいぜい、「付き合う」「交際する」くらい?)、英語には色々な表現方法があります。

今日の投稿では、色々な方法で表現できる「付き合う」について解説していきます。

こちらもオススメ:「あなたが好き」にはlikeを使う?loveを使う?

そもそも、「付き合う」って?

そもそもの概念の話からですが、日本と外国では「付き合う」と言う定義が若干異なることがあることに少し触れておきます。

日本だと、「告白」と言うステージがあり、そのあと「付き合う」と言うステージになっていく事が多いと思います。

あくまでも「正式に付き合っている」と言う段階になって、初めて「誰々と付き合っている」と定義できますし、周りにも公言できますよね。

しかし欧米などの外国では(少なくともイギリスでは)、そもそもそこまで交際ステータスがはっきりしていないこともあります。

日本でいう、いわゆる「好きです、付き合ってください」(←もちろん言葉尻は人によって様々ですが)と言う正式な申し出がないまま、なんとなく気づいたら一緒にいる、と言うこともとても多いようです。

「なんだか回りくどい・・・」と、日本人であれば思ってしまうところですが、この辺りの日本と海外の文化の違いは結構面白いです。

日本では、関係性が浅くても、告白に対して相手がOKと答えれば、その日から「彼氏」「彼女」の関係になりますが、欧米などの海外では、事実上の交際関係が始まってから、しばらくして「彼氏」「彼女」と公言するようになる、という感じです。

そのため、「彼氏/彼女でもないけど、一緒にいる」という交際ステータスがある場合があります。

そんなステータスの時は、「付き合っている」の代わりにどんな表現を使うのでしょうか?

dating

一緒にいるけど、まだシリアスな関係でない時は、’dating’という単語を使います。

日本語でも使う「デート」が動詞になっています。

使い方は、

“I am dating Chris.”
「クリスと付き合っている(というより、デートする関係である、という感じ)」

と、目的語に人を入れて使います。

この’dating’の関係は、日本でいう、付き合い始めてまだ数週間とか数ヶ月の関係と大体一致すると思います。

「お互い一緒にいたいけど、まだ正式に付き合うべきか判断できない状態」と言った感じでしょうか。

これは日本人からするとものすごく混乱する文化です。笑

もし海外で恋愛中、もしくは恋愛したい!と思っている人は、このような文化の違いについても知っておくと、余計にハラハラしなくて済むかもしれません。笑

では、晴れて正式に「付き合っている」と言いたい時は、どんな英語を使えばいいでしょうか?

どちらかが「彼氏」「彼女」を公言する

「付き合ってください」の申し出がないのであれば、’dating’の関係性から、どのように正式な交際ステータスに発展して行くのでしょうか?

判断方法の一つは、どちらかが「この人は自分の彼氏/彼女」と、第三者に紹介する時です。

例えば、なんとなく一緒にいる関係になり、でも「付き合っている」とはっきり定義できない時、つまりまだ’dating’中の時に、ある時どちらかが第三者に

“This is my girlfriend Lisa.”
「僕の彼女のLisa。」

などと紹介すると、その時には日本でいう「正式に付き合っている」という交際関係が成り立っていると言えます。

日本の文化からするとちょっと変わっていますが、これが異文化というものです。

ちなみにこの’boyfriend’と’girlfriend’ですが、日本人にとっては直訳すると「男友達」「女友達」なので、真剣な交際を表す言葉に感じない人もいると思います。

しかしこの’boyfriend’と’girlfriend’は、日本人の解釈や感覚とは結構異なります。

このことに関しては、購読者限定コンテンツとして無料配信しますので、興味のある方は下記よりブログ購読しましょう!

>>購読して限定ブログ「結構意味が重い’boyfriend/girlfriend’」を読む

では他には、どんな「付き合う」の表現方法があるでしょうか?

going out with

とても一般的な表現の一つは、”going out”です。

“go out with ~”で、「~と付き合っている」という意味になります。

直訳は、「~と一緒に外へ行く」と、「付き合う」とは関係ないようにも思えます。

初めてこの表現を知る人は、驚くかもしれません。

「『一緒に外へ行く』で、『付き合ってる』??本当に??」

と、思った人も多いのではないでしょうか?

私も最初は信じられませんでしたが、”going out with~”で、「~と正式に付き合っている」という意味となります。

ネイティブの使い方は下記を参考にしてみましょう。

“I am going out with Fred.”
「Fredと付き合っている。」

“I heard you are going out with Lisa, is that true?”
「Lisaと付き合ってるって聞いたへど、本当?」

こんな感じです。

ちなみに、”go out with~”は、普通に「~と出かける」という意味で使われることもあります。

紛らわしいですが、話している相手や文脈によって判断しましょう。

be together

続いての表現方法は、”be together”です。

直訳すると、「一緒にいる」ですね。

この表現は日本語でも使われることがあると思います。

例えば、「彼とは長く一緒にいるから喧嘩は滅多にしない。」とかですね。

日本語では「付き合っている」という唯一無二の鉄板表現があるので、「一緒にいる」の登場回数は少ないですが、英語では「付き合っている」と同じように使われる表現が少ないため、この”be together”は頻繁に使われます。

ネイティブはどのように使うのでしょうか?一例を見てみましょう。

“I’ve been together with him for 5 years now.”
「彼と付き合って5年経ったよ。」

“Are you guys together?”
「君たち付き合ってるの?」

こんな感じです。

「一緒にいる」なんて、少しふんわりした表現ではありますが、そもそも「付き合う」の申し出の文化がない海外では、「一緒にいる(恋愛的な意味で)」=「交際している」という意味になるのですね。

Seeing

最後は、”seeing”という表現です。

日常会話でもよく出てくる’see’をそのまま使っています。

‘see’は「見る」「会う」という意味ですが、”seeing ~”で、「~と付き合っている」という意味にもなります。

「にも」と言ったのは、文脈次第では「~を見る、~に会う」という意味で使われることもあるからです。

紛らわしいですが、案外文脈と雰囲気でどっちの意味で言っているのかは判断できます。

下記のような感じです。

“Are you seeing anybody since you broke up with Chris?”
「Chrisと別れた後誰かと付き合ってる?」

※ break up with ~:~と別れる

“Are you guys seeing each other?”
「君たち付き合ってる?」

このような感じです。

海外ドラマなどを注意深く見ていると、結構よく使われている表現ですので、是非注目してみてください。

海外ドラマで英語のスピーキングを伸ばす方法はこちらでも詳しく書いています:一人で英会話を練習したい人にお勧めの3つの練習方法

 

如何でしたでしょうか?

日本語と英語の違い以上に、文化の違いもかなり深く関係している、「付き合う」にまつわる英語表現。

最初のうちはこの異文化を理解するのに時間がかかりますが、「話せる」英語の習得には避けては通れない表現ですので、しっかりと覚えておきましょう。

また、このような「恋愛に関するフレーズや単語」は、まず教科書では学べませんね。

なので、海外ドラマなどを通して学ぶ方が近道です。

しかしもっと効果的なのは、直接ネイティブと恋愛トークをする中で覚えることです。

私もそのようにして自然な恋愛フレーズや単語を学びました。

オススメは、英会話レッスンなどのスクールではなく、英会話カフェLanCulなどの「英会話カフェ」サービスを受けることです。

教科書や決まったカリキュラムがなく、まるでネイティブの友達と自然に雑談しているかのようなスタイルで英語を学べるサービスです。

この方法なら、普通の授業では話題になりにくい恋愛などのトピックに関しても自然に学ぶことができます。

「堅苦しい話題だけではなく、恋愛トークもネイティブから学びたい!」

「でもネイティブの友達がいない…」

という方は、是非お試しください。

都内に住んでいなくてカフェに通えないという方は、場所や時間を選ばず受講できるネイティブキャンプなどのサービスで「フリートーク」を選び、恋愛に関する英語を学びましょう。

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

 

まずは、

 

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

 

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

 

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

 

「実践英語」

 

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、

 

「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

 

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です