「あなたが好き」にはlikeを使う?loveを使う?

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」mioです。

みなさんもちろん、likeloveという英単語は知っていますよね。

では、この二つの動詞の意味をどのように使い分けていますか?

例えば、恋人同士が「あなたが好き」と言うとき、どちらの単語を使うのが適切なのでしょうか?

多くの人は

’like’=「好き」

’love’=「愛してる」

と覚えていると思います。

しかし、この一言では説明しきれないくらい、実はこの二つの単語の意味は奥が深いのです。

’like’=「好き」、’love’=「愛してる」とだけ覚えていると、使い方を間違えているかもしれません。

今日の投稿では、この二つの動詞の違いと使い方についてお話します。

単語の細かいニュアンスの違いの前に、英文法をブラッシュアップしたい方には世界的ベストセラーの Grammar in Use がオススメです↓↓↓

 

こちらもオススメ:今更聞けないI miss 〜についての5つのポイント

それでは、学んでいきましょう!

「あなたが好き」について考えてみよう

日本のカップルも、「好き!」と恋人に言い合うことはよくありますよね。

結構この「好き」と言う単語は、関係維持のために大事な役割を担っています。

「最近彼氏が好きって言ってくれない」

「なんで好きって言ってくれないの?」

などなど・・・こんな話題で女子トークは盛り上がるものです。

では、もし外国人の恋人ができたとして、彼氏彼女にこの気持ちを伝えたい時、

あなたは ‘like’ を使いますか?

それとも、’love’ を使いますか?

この二つ、使い方を間違えるとその後の関係に影響するかもしれませんよ・・・!

「好き」=’like’

日本のカップルが言うところの、「好きだよ」は、”I like you.” です。

「え、なんか’like’って、モノとかコトとか、友達とかに使う言葉っぽい感じがする・・・恋人に言って本当に気持ちが伝わるの?」

と、思う方もいるかもしれません。

なんとなく、’like’の目的語は食べ物や趣味など、ヒト以外のものを対象にしたり、また、ヒトに使う場合は友達に使うのでは?

と、カップルが使ういわゆる「あなたが好き」よりも意味が軽いように感じる人もいると思います。

しかし実はそんなことはなく、’like’は人を目的語にして「あなたが好き」と言う意味としてちゃんと使えます。

「でもなんとなく、日本語の『あなたが好き』の方が、意味が重いような・・・。」

これは、ある意味正解です。

正確に言うと、日本語の「あなたが好き」には、結構複雑な意味があります。

日本人にとっては「好き」が’like’の意味を表す時もあり、時には’love’と限りなく近い意味合いとして使われることもあるのです。

日本人は関係が長く深いものになっても、滅多に「愛している」とは言いませんが、その代わり「好きだよ」は結構多用すると思います。

英語であれば’love’を使うような場面でも、「好き」で同じ気持ちを伝えられることがあるのです。

このことは後述しますね。

話は戻って、「あなたが好き」は “I like you.” でしたね。

「好き」が’like’であり、’love’でない理由は何なのでしょうか?

何故 ’love’ ではない?

何故「好き」は’love’ではないのでしょうか?

海外ドラマや映画を観ていると、欧米人はよくこの “I love you.” を恋人や家族に使っているようなイメージがありますよね。

皆さんご存知の通り、”I love you” は「愛してる」です。

では、あなたは彼氏・彼女に「愛してる」と、どのくらいの頻度で言いますか?

あまり言わないと言う人が大多数ではないでしょうか。

先ほども触れたように、多くの人は軽々しく言わないと思います。

付き合う前や、付き合って数ヶ月~1年程度の関係であれば、彼氏・彼女にも使わない、と言う人もいると思います。

実はこれは、”I love you.” も同じなのです。

なのに、英語の’love’は、日本語の「愛してる」よりももう少し気軽に使っていい・・・と言うイメージがある人が多く、日本人はよく使いどころを間違えてしまうのです。

これは何故なのでしょうか?

それは、’love’は、日本語の「愛してる」と違い、対象物がモノやコトであっても使える単語だからです。

目的語がモノ・コトの時 ’love’ は「大好き」

例えば、「趣味は何?」と聞かれて、”I love snowboarding!” などと答えることはよくあります。

このように、’love’はモノやコトが対象となると、日本語で言うところの「大好き」まで意味が薄まり、かなり気軽に使える言葉になるのです。

このため、よく見聞きしているこの’love’と言う単語を、日本語の「愛してる」よりも意味が軽い、と無意識に思ってしまっている人は多いです。

しかし、対象がヒトとなると、この意味はめちゃめちゃ重くなります。

こちらもオススメ:「〜以外」だけじゃないexcept

目的語がヒトの時’love’は「愛してる」

‘love’の目的語がヒトになると、それはもう「大好き」レベルではありません。

正真正銘の「愛してる」です。

ちょっと寂しいことに、日本では夫婦などの深い関係でも滅多に「愛してる」と言わない・・・と言う文化の違いもありますが、英語でも「好き」より「愛してる」が重いことには変わりはありません。

日本語の「愛してる」との違いは、英語の場合、恋人との関係がシリアスなものになったり、家族や親しい友達、夫婦間などで気軽に“I love ya!”「愛してるよ!」などと使われることがある点です。

しかしこれはあくまでも「関係の深い間柄同士」で使うものです。

「’love’は’愛してる’よりも気軽に使える!」

と思って、付き合いたての恋人に”I love you”と言うと、相手はドン引きするかもしれません。

こちらもオススメ:【実は超ダサい?!】英会話初心者がスラングを使わない方がいい3つの理由

「大好き!」は?

では日本語でいうところの

「あなたが大好き!」

は、どうでしょうか?

細かいニュアンスの話になってきますが、これも相変わらず ’like’ です。

ただし、”I like you a lot.” のように、「すごく」を表す言葉を入れることが多いです。

付き合う前や、付き合いが数ヶ月~1年くらいだと、「好き!」ということも、「大好き!」ということもありそうですが、

まだ「愛してる」の関係ではないことが多いですよね。(mioの個人的見解ですが・・・。)

そのため、このような関係の時に「大好き!」と伝える時は、”I like you a lot.”と覚えておきましょう。

付き合う前は?

では、付き合う前は相手にどのように気持ちを伝えればいいでしょうか?

日本では、付き合う前にどちらかが「告白する」と言う文化がありますよね。

海外では、必ずしも日本のように「告白するステージ」があるわけではないですが、付き合う前に相手に自分の気持ちを伝えることはもちろんあります。

そんな時はこのような表現を使ってみましょう。

“I’m in love with you.”
「あなたが好き。(あなたに恋しています。)」

“I’m crazy about you.”
「あなたのことを考えておかしくなりそう。」

“You make me crazy.”
「あなたのせいで気が狂いそう。」

“I fancy you.”
「あなたが好き。」(イギリス英語)

などなど・・・。

この辺りの表現は挙げるとキリがないですね。

もちろんこのような場面でも”I like you.”は使えます。

しかし、告白の段階で “I love you.” を使わないように注意しましょう!

‘like’ ‘love’ ‘好き’ ‘愛してる’ まとめ

最後にこの4つの単語の位置関係を私なりにまとめてみました。

like≦好き<<love<<<<<愛してる

個人的にはこれくらいの位置関係だと思います。

日本語の「好き」は時に’love’のように使われることがあるので、’like’以上に意味が強いと位置づけました。

他にも日本語の「愛してる」はかなり強い意味が込められていたりと、必ずしも

「好き」=’like’

「愛してる」=’love’

ではないと言うことがわかりますね。

外国人の恋人に使うときは、注意してみましょう。

 

如何でしたでしょうか?

日本と海外の文化の違いもあり、自分の気持ちにぴったり合う言葉で表現するのはなかなか難しいことと思います。

今日の投稿を参考に、海外ドラマや映画、または洋楽の歌詞などを見てみると、また新たな発見があるかもしれませんよ。

新たなフレーズを学んだら、それらを「アウトプット」で練習することを忘れずに。

英会話カフェLanCulのような英会話カフェなら、ネイティブと恋愛トークも気軽にできます。

英会話スクールの先生には聞きづらいことも、コーヒーを飲みながら気軽に聞いてみましょう。

都内に住んでいなくて英会話カフェが周りにない・・・と言う方は、パソコンとネット一つでいつでもオンライン英会話が学べるネイティブキャンプがオススメです。

これらのサービスをバンバン活用し、ネイティブが本当に使う英語を学びましょう。

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

まずは、

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

「実践英語」

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です