ネイティブが不自然に感じる’from now on’の使い方

mio

このブログを書いているmioです!
成人を過ぎてから英語を始めても、「話せるように」なりました。

>> 動画コースはこちら

>> mioのプロフィールはこちら

普段はtwitterで色々発信してます↓↓↓

こんにちは!

「話せる英語を身につけるブログ」mioです。

私は日本人が英語を話しているところを聞く機会がたくさんありますが、

「あ、この人はかなり上級の英語が話せるな」

とか、

「かなり勉強してるけど、あまり自然な英語じゃないな」

などと思うことがあります。

「教科書には必ず載っているけど、多くの日本人が使い方を誤解している」フレーズや単語は、恐ろしくなるほど多く存在します。

これは、私mio自身も、かつて教科書に載っているフレーズや単語を乱用し、ネイティブの友達に

「そんな表現を使う人はいないよ」

と、ショックを受ける言葉をたくさん言われてきたからこそ、同じ表現を使っている日本人を見ると思うことです。
(このブログの筆者mioのプロフィールはこちら

今日の投稿では、そんなフレーズの中から、私mio自身もかつてよく使ってしまっていた、そして多くの日本人が誤解して使ってしまっている

‘from now on’

と言うフレーズについてお話したいと思います。

こちらもオススメ:【レベルアップ英語】学校では絶対教えないネイティブっぽい表現5選

日本人が誤解している’from now on’

このフレーズは、「今から」と言う意味を表す便利な表現として、多くの英語学習者さんが記憶していると思います。

そして、日常会話で「今から」を使うシーンはたくさんありますね。

私もかつては、一生懸命教科書で勉強してきた成果を発揮したくて、このフレーズをよく使っていました。

しかし冒頭でも話した通り、「その表現は不自然」と言われてしまったのです。

そして英語がある程度話せるようになった今でも、多くの日本人が私と同じようにこのフレーズを間違って使ってしまっている場面をよく見ます。

それはどんな間違えなのでしょうか?

‘from now on’は「今後ずっと」

まず、このフレーズの誤解されやすい意味を解説していきます。

多くの教科書や参考書に「今から」と書かれているので、こんな使い方をしてしまう人がとても多いです。

 

“We are going to get some drinks for the party from now on. Do you want to come with us?”
「今からパーティーのためにドリンクを買いに行くけど、一緒にくる?」

 

“I’m going to watch a movie from now on.”
「今から映画を観る」

 

あなたもこんな使い方をしたことがありませんか?

過去の私を含め、「今から~する」と言いたい時に、’from now on’がとっさに頭に浮かび、この例文のように使う人は多いと思います。

しかし、実はネイティブはこのような使い方をしません。

‘from now on’は、

「今から」

と言うよりは、

「今後ずっと」

と言う継続の意味が大きいフレーズなのです。

上の例文では、「今から」ドリンクを買いに行くと言っていますが、

「今後ずっと」買い続けるわけではないですし、二つ目の例文も、映画を観るのは数時間のことですよね。

つまり、ここでの’from now on’は本来の意味には合わないのです。

多くの場合は’now’で置き換えられる

では、上の例文を正しく言うには、どんな英語で置き換えればいいのでしょうか?

多くの場合、日本人が誤解している‘from now on’は‘now’で言い換えられます。

 

“We are going to get some drinks for the party now. Do you want to come with us?”

 

“I’m going to watch a movie now.”

 

このように使います。

「せっかく”from now on”を習ったのに、シンプルな単語’now’で置き換えなんて、なんだか勉強の成果が発揮できていないような…」

という感じがしてしまうのですが、複雑な文章なら英語が上手いわけでは決してありません。

これは私が過去によく誤解してしまっていたことですが、ネイティブの自然な英語は、日本で一生懸命勉強した受験英語よりもずっとシンプルです。

例文のシーンで’now’を使うことで、不自然な英語から自然な英語に一歩近づきますよ!

こちらもオススメ:【初心者向け】英語で友達と自然に雑談したい!

ちなみに、

「じゃあネイティブが使ってる英文法でどんなものなの?」

と疑問に思う方や、

「この機会に英文法をおさらいしたい」

という方は、世界的ベストセラーの Grammar in Use を使ってみましょう↓↓↓

 

これは世界中の英語学習者向けに作られた、ネイティブによる英文法書で、実践的な文法がわかりやすく解説されています。

全編英語ですが、易しい表現がほとんどですし、何よりネイティブが作った文法書なので「実践的」かつ「ネイティブが本当に使われている」という点が最大のメリットです。

会話に必要な基礎の文法は、これをやっておけば間違いないです。

超基礎から始めたいという方はこちらの赤がオススメです↓↓↓

 

‘from now on’の正しい使い方

では、’from now on’が「今後ずっと」だとすると、どんなシチュエーションで使えばいいのでしょうか?

「今後ずっと」何かをするということは、何かを宣言する時だったり、何かルールなどが決まった時が適しています。

例文を見てみましょう。

 

From now on, every student must switch off their phones before coming to class.”
「今後、全ての生徒は授業の前に携帯電話の電源を切らなければいけない」

From now on, I will try to be independent.”
「これからは自立するようにする」

 

いかがでしょうか?

先ほどの例文とは明らかな違いがあるのがわかりますね。

こちらの例文の方は、「その時だけ」のことを指す「今から」ではなく、「これから継続して」何かを始める時に使われていますよね。

‘from now on’以外の言い方も覚えよう

このブログでも、「〇〇の言い方3パターン」など、ある表現に対していくつかの言い換えを紹介することがありますが、

一つの表現に対して、引き出しを何個か持つことは重要です。

‘from now on’の正しい使い方を覚えたからと言って、いつもこのフレーズだけ使うと表現の幅がとても狭くなってしまいます。

‘from now on’は、他にもこんなフレーズで言い換えることができるので、一緒に覚えておきましょう。

‘as of today’

このフレーズは、「現時点で」「今日現在」という意味として紹介している参考書やWebサイトが多いですが、

「今日からは」

と言う意味で’from now on’のような意味として使うことがあります。

例文を見てみるとこんな感じです。

 

“As of today, I will stop drinking alcohol.”
「今日からアルコールを飲むのをやめる」

 

“As of today, I will study everyday.”
「今日から毎日勉強する」

 

‘from now on’とセットで覚えておくことで、英語表現が一歩上級者に近づけそうですね!

 

如何でしたでしょうか?

今まで、’from now on’を間違って使ってしまっていた人は、今日の投稿で正しい使い方を覚えられましたか?

今、一生懸命英語の勉強をしている人は、その表現が「本当にネイティブの自然な使い方」なのかどうかも考えてフレーズや単語を覚えてみましょう。

また、このブログの筆者でもある私mioは、動画でもみなさんの英語学習を応援しています。

まずは、

「こんな時、どんな英語で返せばいい??」

「教科書のどこにも参考になるフレーズが載っていない…泣」

と言う、私mio自身の苦い経験をヒントに製作した、

「実践英語」

のための動画シリーズをチェックしてみてください↓↓↓

思わず、「そうそう、こう言うフレーズを使いたかった!」

と、言いたくなるような英語を集めてみたので、興味があれば是非参考にしてくださいね!

このまま、mioの「話せる英語習得」に関するコツやヒントを学びたい人は、是非>>このブログの無料購読をどうぞ。

購読者限定ブログも無料配信しています!

それでは、お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です